テープ起こしについて

「テープ起こし」とは、録音された音声を、文字として書き起こしていくことです。録音された内容は、会議であったり後援会であったりもしますし、トークショーや座談会のようなものである場合もあれば、対談やインとビューのようなものもあります。

その録音されている内容によって、書き起こしの難易度や料金、かかる時間や手間などは大きく異なってきます。
テープライターの働き方は色々で、事務所に所属して活動をするテープライターもいれば、音声だけを預かり、自宅でこなす内職的な働き方をする人もいます。

中には自分で実地に赴いて、録音をしてくるところまでを仕事としている人もいます。その内容によってもまた、難易度や料金は変わってきます。 テープ起こしは、元々はとても高い技術が必要なものであり、速記職人と呼ばれる人たちもいました。
しかし、現在のように録音環境やパソコン、様々な再生ソフトなどの環境が整ったことから、その差が大きくなって来ているのです。

特に経験もなく、テープ起こしの学習をしたことがない人も始めることができる一方で、企業の発表や政治的な対談、学業の論述会など、その分野の専門的な知識がなければなかなか進めることができないテープ起こしの仕事も多数存在しています。

テープ起こしの際に必要な道具のひとつは、パソコンです。自分にとってより書き起こしやすいキーボードのものを選びましょう。また、キーボードショートカットができる便利な再生ソフトも重要です。

当サイトでは、このようにしてテープ起こしや必要な道具を紹介します。

Copyright © 2014 テープ起こしを始める道具 All Rights Reserved.